沿革

沿革

平成23年8月 代表である高橋 徹がVAN会社に勤務し、大手S,M,の仕入れデータを預かる中、それぞれの企業毎に仕入原価の単価に凸凹が有ることに着目し「仕入会」を発案。
仕入れデータを共有しながら、仕入れ価格の改善が出来る「比較システム」を開発
株式会社ロウィンズを創業し「仕入会」を発足。
平成24年 「仕入会」参加企業の総合力を結集して、PB商品、共同仕入れによる好条件商品の開発に着手。
平成25年12月 「仕入会」企業が30社を超える中、商品開発の機能を高めるため、「仕入会」会員企業の中から5社(現在7社)の出資でグローバル流通機構株式会社を設立。
PB商品等の開発を加速させ、グローバルで開発した商品を「仕入会」参加企業にも紹介し、NB定番商品の原価改善と売れて儲かる商品情報を提供する。
平成26年7月 グローバルの第1号PB(飲料)を発売(その後、今日まで6種類多品目を発売)
平成26年11月 Amazon Cloud Computerを使っての流通BMS対応のEDIシステムを開発。「仕入会」会員企業では、より安価でのEDIシステムの導入が可能になり、順次導入を開始している。
平成28年9月 取引先の要望に応え、海外労働力の派遣・管理事業を開始する。